親しみのある食べ物|自宅で美味しいグルメを堪能できる宅配サービスの魅力
お皿とフォーク

自宅で美味しいグルメを堪能できる宅配サービスの魅力

親しみのある食べ物

梅干し

日本の食文化を支える

昔からご飯のお供として親しまれているうめぼしは、昔は薬として用いられていたりおつまみとして食べられていた時期もありました。日本の歴史の中にうめぼしが登場するのは、奈良時代から平安時代にかけてのことです。広く食べられるようになったのは江戸時代からで、歴史のある日本文化に即した食べ物でもあります。現在では多種多様のうめぼしが販売されていますし、インターネット通販で現地の新鮮なものを手軽に購入することもできます。日本の食卓には切っても切り離せないものですし、お弁当を始めとして様々な料理にも利用されています。おいしくて日本の心を感じられるものをネット通販などで買い求めて、食卓の彩りを増やしてみましょう。

優れた殺菌効果

最近では多種多様のうめぼしが市場やネット通販にも出回っています。昔ながらの肉厚でしっかりと酸味と塩分が効いたものから、ハチミツ味で酸味が少なく食べやすいものまで幅広く揃えられています。そんなうめぼしには、優れた健康効果がたくさんあります。昔からうめぼしはおにぎりの具の定番ですし、日の丸弁当としてお弁当に入れるのも当たり前のことです。しかし、これにはきちんとした理由があります。うめぼしは強い殺菌効果を持っていますから、おにぎりやお弁当が夏の暑さなどで痛んだり菌が繁殖するのを防ぐ作用があるからです。また、夏場の殺菌効果や食中毒防止だけではなく、冬場のインフルエンザ対策にも効果を発揮してくれます。殺菌効果が高いですから、季節を問わずうめぼしを日々の生活に取り入れていきましょう。